<cite id="d3dlz"></cite>
<var id="d3dlz"><strike id="d3dlz"></strike></var>
<del id="d3dlz"><noframes id="d3dlz"><cite id="d3dlz"></cite>
<var id="d3dlz"></var><cite id="d3dlz"></cite><var id="d3dlz"></var>
<var id="d3dlz"></var>
<menuitem id="d3dlz"></menuitem>
<ins id="d3dlz"><noframes id="d3dlz"><var id="d3dlz"></var>
<var id="d3dlz"></var>
<cite id="d3dlz"><span id="d3dlz"></span></cite>
<var id="d3dlz"><video id="d3dlz"></video></var>
<var id="d3dlz"><video id="d3dlz"><thead id="d3dlz"></thead></video></var>
<cite id="d3dlz"></cite>
<menuitem id="d3dlz"><strike id="d3dlz"><thead id="d3dlz"></thead></strike></menuitem>
<menuitem id="d3dlz"><ruby id="d3dlz"></ruby></menuitem><menuitem id="d3dlz"></menuitem>

ニュースリリース NEWS RELEASE

メールアドレス流出についてのお詫び2021年02月22日

 この度、東北地區において當社より歯科醫師の皆様へセミナーのご案內をメールにて送付する際に、全ての送信先のメールアドレスが表示される形で一斉送信してしまったことが判明いたしました。

 関係者の皆様に、多大なご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

 今後はこのような事態を発生させることがないよう、再発防止策を徹底してまいります。

 

1.流出した情報:

 東北地區の一部の歯科醫師100名のメールアドレス

 

2.原因:

 メールアドレスをBCC(ブラインド?カーボン?コピー)欄に入力して送信すべきところ、誤ってCC(カーボン?コピー)欄に入力して送信したため。

 

3.流出の経緯:

 2021年2月18日16時26分に、當社社員が東北地區の一部の歯科醫師の皆様へセミナーの案內をメールで送信する際に、全員分のメールアドレスが全ての送信先に表示されてしまいました。

 當該社員がメール送信後に気付いて発覚し、同日、対象の歯科醫師の皆様に対してお詫びのメールを送信し、誤って送信したメールの削除を依頼しました。

 また、翌日2月19日より電話での個別謝罪を行うとともに、後日書面にて改めてお詫びを申し上げます。

 

4.今後の対応:

 當社は以前にも人為的なミス、チェック體制の不備による誤送信事象が発生しており、全社員に対し個人情報保護の重要性と厳正管理を徹底するとともに、継続的に情報セキュリティ教育?指導を実施しておりました。そのような中で今回の事態を招いたことを重く受け止め、発生した事象を全社員に周知するとともに、今後このような事のないように社員教育の再実施、情報管理體制の強化、具體的な再発防止策の徹底に努めてまいります。

 

この件に関するお問い合わせ先

科研製薬株式會社

総務部広報グループ

TEL:03-5977-5002

FAX:03-5977-5131

一覧へ戻る

东京热久久综合伊人AV,国产女合集小岁9三部,欧美人与动人物牲交,亚洲色大成网站WWW永久
<cite id="d3dlz"></cite>
<var id="d3dlz"><strike id="d3dlz"></strike></var>
<del id="d3dlz"><noframes id="d3dlz"><cite id="d3dlz"></cite>
<var id="d3dlz"></var><cite id="d3dlz"></cite><var id="d3dlz"></var>
<var id="d3dlz"></var>
<menuitem id="d3dlz"></menuitem>
<ins id="d3dlz"><noframes id="d3dlz"><var id="d3dlz"></var>
<var id="d3dlz"></var>
<cite id="d3dlz"><span id="d3dlz"></span></cite>
<var id="d3dlz"><video id="d3dlz"></video></var>
<var id="d3dlz"><video id="d3dlz"><thead id="d3dlz"></thead></video></var>
<cite id="d3dlz"></cite>
<menuitem id="d3dlz"><strike id="d3dlz"><thead id="d3dlz"></thead></strike></menuitem>
<menuitem id="d3dlz"><ruby id="d3dlz"></ruby></menuitem><menuitem id="d3dlz"></menuitem>